フィンペシアの副作用を知って対策しよう|知りたい育毛ジェネリック

薄毛に悩んだら受診

医者

近年、男女や年齢を問わず薄毛に悩む人が増えています。皮膚科に行けば薄毛治療を受けることができます。最先端の治療や発毛方法を望むときは美容皮膚科も選択のひとつです。経験や実績のあるクリニックを選び、カウンセリングで費用の相談もしておくと安心です。

Read More...

これからも必要になる

医師

育毛剤はよくなっており、将来的には価格も下がりより高い効果をもつものが開発される可能性が高いです。ただし、使い方を間違えてはいけません。頭皮を清潔にして必要以上に使わないことです。成分などを確認して選ぶとよいです。

Read More...

現状と今後の展望

男の人

海外から購入できる薬

agaの治療薬にはプロペシアやミノキシジルがあり、一般病院の皮膚科や専門病院で処方してもらうことができます。この場合、事前の診察や血液検査を受けることでプロペシアの処方を受けることが可能ですが、現状ではプロペシアには健康保険が適用されていないため自費診療となり、皮膚科であれば1か月あたり1万円ほどの金額となっています。このようにaga治療は費用が高額になるため、近年人気を集めている治療方法が個人輸入の代行業者を介した海外からの治療薬の購入で、この場合プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアの購入も可能なので、費用を1か月あたり約5000円まで抑えることができます。ただし、この場合医師の診断を受けることができないため、万が一副作用が生じても自己責任となります。副作用が心配な方は医師の診断を受けたり、適切なクリニックにて悩みを解消していきましょう。

特許切れの後に注目

プロペシアのジェネリック医薬品として紹介されることが多いフィンペシアですが、プロペシアの特許はまだ切れていないため、実際には同成分の治療薬という位置づけになります。このため、現段階ではフィンペシアを処方する病院は無く、個人輸入の代行業者を介して海外から購入する必要があります。この場合、やはり気になるのが副作用で、プロペシアと同様に副作用は強くありませんが、肝機能障害や性欲減退の報告はされています。ただし、2019年にはプロペシアの特許が切れるため、フィンペシアとは異なるジェネリック医薬品が病院で処方される可能性は高いと言えます。これにより、将来的には副作用の心配をすることなく低価格で治療を受けることができます。

薄毛治療の診療科目は

案内

薄毛の悩みは病院で治療することができます。薄毛治療を受ける場合の診療科目としては皮膚科ではなく内科であるケースがほとんどです。これは発毛薬による投薬治療が可能になったことが大きく影響しており、このため薄毛治療においては病院選びが重要になっています。

Read More...